エステサロンと違う

楽しく年齢を重ねるために

年齢を重ねることを嫌だと思う人は多いです。
年齢を重ねることで、肌が衰えたり、髪の毛が薄くなってきたり、見た目で年齢をカバーするのは難しくなってきます。
女性の場合は、基礎化粧品を変えたり、メイクをしたり、ダイエットをしたり、洋服を気をつけたりと美容に気をつけることで、ある程度、若く見せることはできます。
しかし、50代になった人が、これらの努力で20代に見えるようにできるかというと、それにはかなり無理があります。
ま た、無理やり若作りをすることで、余計に老けて見えてしまったり、場合によっては下品になってしまうこともあるのです。

よって、歳相応のメイクや洋服などを身につけつつも、美しくなりたいと思う女性が多いです。
メイクや洋服によって若作りをしないのであれば、やはり「土台」を美しくする必要があります。
ここでお話をする土台というのは、肌のことです。
肌が綺麗であれば、歳相応のメイクや洋服を身につけていても、オバサンに見られることはありません。

ところが、40代や50代になると、長年の紫外線の蓄積からかしみがたくさん出てきてしまうことがあります。
1つや2つくらいのしみであれば、メイクによってカバーすることも可能ですが、たくさんしみができるとメイクによってカバーできない場合もあります。
また、年齢を重ねることでそばかすがひどくなってくることも多いです。
若い頃はそばかすがチャームポイントだったという人も、オバサンになって肌にハリがなくなってくると、そばかすが汚れのように見えてきてしまうことがあります。

近年は、肝斑という言葉も耳にすることが多くなりました。肝斑はしみの仲間なのですが、しみに比べると肝斑は治りにくいとされています。

PAGE TOP