エステサロンと違う

美容外科でできること

しみやそばかすは、スキンケアによって薄くすることが可能ですし、肝斑は薬を飲むことで綺麗にすることが可能です。
ただし、スキンケアや飲み薬では完全に綺麗な肌にすることが難しい場合があります。
若返るためにもしみやそばかす、肝斑のない綺麗な肌を目指しているのであれば、美容外科で施術を受けることをおすすめします。

美容外科では、最新の機器や技術を使用して、シミ取りを行なっています。
美容外科で主に行われている施術には、「レーザー治療」があります。
レーザー治療は、しみやそばかす、気になる部分にレーザーを照射して、焼きとります。
即効性があるものとされていて、人気があります。
肝斑の場合は、濃くなってしまう場合もありますが、近年は美容機器も様々なものがあるため、肝斑の治療に対応している機械もあります。

また、近年は「ケミカルピーリング」のシミ取りも人気が高いです。
ケミカルピーリングは、皮膚に酸などの薬剤を塗って、古い角質を剥がすものです。
肌のターンオーバーを正常化するので、しみだけでなくくすみも改善できます。
肌に沈着してしまった場合は、除去をすることが難しくなってしまうので、なるべく早めにシミ取りをすることをおすすめします。

その他にも「フォトフェイシャル」によるシミ取りも行われています。
フォトフェイシャルでは、IPLというレーザーよりも広範囲を照射する波長を患部に当てて改善します。
広範囲に照射することができるので、一度にたくさんのシミ取りができます。
レーザーよりも力が弱いため、繰り返し施術を行わなければなりませんが、薄いものであれば1度でシミ取りできる場合もあります。

その他にもイオン導入法など美容外科によって、行なっているシミ取りのメニューは異なります。

PAGE TOP