エステサロンと違う

30代からでやすい

年齢を重ねるとしみができてきて、嫌な思いをすることがあります。
大きなしみや色の濃いしみができると、メイクでカバーできなくなってしまうこともあります。
また、メイクでカバーができたとしてもノーメイクの肌は見せることができないという人もいるでしょう。

しみは、30代以降にできやすいです。メラニン色素が蓄積されて、色素沈着をしたもののことをしみと言います。
しみは、紫外線の影響によってできることが多いです。ですから、若い頃に紫外線対策をせずに焼いていたりするとできてしまうことがあります。
また、出産をすることでホルモンバランスが乱れてしまったり、生活習慣が乱れることでも発生します。
できやすい場所は、両頬や目の周りなどで、顔にできることが多いです。日焼けなどをしていた場合は身体にできることもあります。

無理に日焼けをして紫外線をたくさん浴びていると、肌は紫外線から身体を守ろうとしてメラニン色素を発生させます。
ですから、なるべくしみの無い肌にしたいというのであれば、若い頃からしっかりと日焼け対策をしておく必要があります。
夏場だけでなく冬場も日焼け止めを塗ったり、ファンデーションなどの肌のメイクをしっかりすることで、紫外線から肌を守ることができます。

PAGE TOP